リレンザは世界で初めての抗インフルエンザの治療薬として発売された吸入型の医薬品です。インフルエンザは自分が感染したら周りにも迷惑がかかるのでリレンザが活躍します。このサイトではリレンザについて説明いたします。

リレンザの画像

インフルエンザの流行地区でのリレンザの使い方

リレンザの使い方はインフルエンザの初期の段階で吸入をすることにより、病状の進行を食い止め治療をすることができます。
リレンザは錠剤タイプの薬ではなく、吸入式の薬であるため吸入器にブリスターを装着してそれを吸い込むことになります。
吸い込むことによって即効性を得ることができ、インフルエンザの進行を抑えることができます。

リレンザの使い方として予防効果もあるので、予防のために服用をするという方法もあります。
これは特にインフルエンザが流行している地区で効果的であり、周囲の人がインフルエンザの患者だらけという時に役に立ちます。
この際も基本的な使い方は変わりませんが、一回の使用回数が変わってくるので覚えておきましょう。
治療のためにリレンザを使う場合、朝と夜に2個のブリスターを吸入することになりますが予防の場合には一日一回だけとなるのでひとつのリレンザを2日で使い切ることになります。
予防のためにはこの服用法を10日間ほど続けることになるので、5このリレンザを使うことになるのです。

リレンザはインフルエンザの感染が確認されれば保険が適用されるのですが、予防のために欲しいとなれば全額自己負担となるのでその点をよく覚えておきましょう。
ただし、どうしてもインフルエンザで休むようなことがあってはならないという時期であれば、高い予防効果があるわけですから流行している時期には多少お金がかかっても試してみるというのが安心です。
わずかなお金を惜しんだばかりに結局インフルエンザに掛かってしまってダウンするようなことがあっては意味がありませんから、流行している地区では予防のためにリレンザを処方してもらって服用するのも悪くありません。